二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ

二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ

賃貸で不備や故障を発見したら、必ず写真に撮ろう

どれだけ注意深く賃貸物件の内見をしたとしても、壁や床といった、おおまかな状態を確認するのがやっとで、お部屋の中の小さな傷や故障などはそうそう発見する事が出来ません。ですので、契約をして新しいお部屋に着いたら、家具などを設置する前に、必ず最後にお部屋を隅々まで確認して、設備は動くのかどうかといった確認を必ず行う様にしましょう。そして、その際に、不備や故障を発見したら、必ずいつ既に壊れていたかというのを、メモしておく必要があります。そして、日付と状態が解るように、必ず写真に残しておくことをおすすめ致します。

また、不備や故障を発見したら、必ず管理会社に連絡をして、その後はどうなるのかといった説明や指示を受けるようにして下さい。勝手に修理をしてしまいますと、修理代が戻ってくる保障がありませんので、必ず管理会社に修理をお願いする事が重要です。そして、実際に支払いに関してはどうなるのかというのは、必ず不動産会社に確認するようにして下さい。また、賃貸借契約書に、あらかじめ故障や不備などの修理代に関する項目がある可能性がありますので、契約書を一度読んでおくことも重要ですよ。新しいお部屋で、気持ちよく暮らす為に、事前にしっかりと確認しておきましょう。

【参考】

Copyright (C)2017二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ.All rights reserved.