二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ

二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ

景気回復に伴う2014年の賃貸市場を俯瞰

基本的に賃貸経営というものは、景気の動きに対して大きく影響されることがないというところが特徴なのですが、そうは言っても景気がよいことに越したことはありません。また、これから賃貸経営をするために建物の新築を検討するような状態であれば、建設に伴う人件費や建材費のコストに直接的な影響を与える景気は重要な関心事の一つであることは間違いないでしょう。一般の景気は、4月の消費増税を受けた反動減と数多くの台風や風雨による災害の影響を受けて、予想以上の落ち込みを見せ邸ることが、4〜6月のGDPから見て取ることができます。しかしそのような状況でも全体的な基調としては、現在でも景気回復傾向にあることは間違いありません。少しずつではありますが、アベノミクスによる経済効果は、大都市圏だけではなく、地方圏においてもジワジワとその成果を表しつつあります。

そのような中において、賃貸市場においては、日本賃貸住宅管理協会が実施している賃貸住宅市場景況感調査において、賃貸の成約件数は増加傾向を示していることがわかりました。不動産流通機構の東日本レインズにおける実績調査においても、成約件数・検索件数共に前年同月比において、大きな伸びを見せているということが確認されています。

2015年の消費増税がどのようになるのかといった要素はあるものの、当面の間は、この好基調が継続するのではないでしょうか。

Copyright (C)2017二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ.All rights reserved.