二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ

二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ

賃貸物件でも壁掛けのテレビにする方法

賃貸物件において原状回復義務という解釈では、壁紙の穴については画鋲やピンなどの軽微な穴は借主が補修費用の負担をする必要がありません。しかし釘やビスなどで穴をあけた場合は下地のボードを復旧しなければならないため、多額の費用が発生する事態になり、借主の負担になる可能性が極めて高くなります。

壁掛けテレビを設置するためには壁を補強し、穴を開けるか、専用の支持金物を設置するにもビスで壁に穴をあける必要があります。しかし、壁に穴をあけてしまうと部屋を解約し退去する時に、補修費が請求されるため、敷金を支払っている場合は補修費を差し引かれてしまいます。また賃貸契約によって工事が禁止されている場合もあり、契約の際の禁止事項として、釘やビスを禁止している等の規定が一般的です。このような状況で、壁掛けのテレビを実現するための方法を紹介いたします。

穴をあけずに壁掛けテレビを実現する方法の一つはポールを使用することです。実際に展示会等でも用いられているポールを使った壁掛け方法で、強度の高いディスプレイ用のポールが必要ですが、価格は1万円程度で済みます。壁掛けテレビを実現する二つ目の方法としては、テレビボードシステムを使うことです。これは専用のものが売られている場合もあり、テレビの薄さを活かしたスマートに壁掛けができるタイプのものが最適です。インターネットでもこのように賃貸向けの壁掛け用テレビのパーツを扱っている商店もありますので、検討してみましょう。

Copyright (C)2017二重サッシ付きのリビングがある賃貸で省エネ.All rights reserved.